2014年03月01日

尾関作十郎陶房さんで絵付け体験

犬山焼の尾関作十郎陶房さんでは、絵付け体験ができます。

小皿や湯飲みなどから好きなものをチョイス。
こう描きなさいということもなく、自由に絵付けができます。

こちらは湯飲み。
店内の作品を参考にするも……。
尾関作十郎 絵付け体験

犬山焼の赤絵、一見適当にササッと描いているようにも見えるのですが、
実際に真似して描いてみるとかなり難しい!

伸び伸びとした迷いのない自由な線で
きちんと調和が取れた一枚の作品に仕上げる、
プロの技のすごさを改めて実感できます。
苦戦していると、ご主人がやさしくアドバイスをくれます。

尾関作十郎 絵付け体験
こちらは小皿。大体できあがったところ。


最後に丸く赤線を引きたいのですが、
フリーハンドでなんてムリムリ。

ご主人に手を添えていただいて、手回しろくろを初体験。
どうです、きれいに円が描けました!
尾関作十郎 絵付け体験


後日、焼いたものを郵送してくださったのがこちら。
尾関作十郎 絵付け体験


絵付け体験教室は予約制になっていますので、
電話またはHPから申込みくださいね。

絵付け体験教室申込みはこちらから
(尾関作十郎陶房さんのHPです)


★★★尾関作十郎陶房さんの器の一覧はこちらからどうぞ★★★


◇尾関作十郎陶房さんのおすすめ商品◇
***日々の暮らし いもり屋***
作家ものの陶磁器や職人の木の器から伝統工芸品まで。
日々の暮らしの道具を紹介・販売しています。
posted by いもり屋 at 00:00| Comment(0) | 製造元のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

宮島御砂焼・山根対厳堂さんにお伺いしてきました

5月に、山根対厳堂さんにお邪魔してきました。

広島県の廿日市市(はつかいちし)、というと県外の方にはピンと来ないかも知れませんが、
宮島のあるところです。

宮島口
広島駅からJRで約30分、または路面電車で約1時間で宮島への入口、宮島口に着きます。
JRの方が早いし楽ですが、観光気分を味わうなら路面電車でしょうか。
そこからフェリーに乗って約10分で宮島です。

山根対厳堂さんは、その宮島口に窯を構える老舗です。

こちらの焼き物は、御砂焼(おすなやき)と呼ばれています。
この地域に古くからあった神社の砂を旅のお守りにするという風習から始まった焼き物で、
現代でも神社の砂を混ぜ込んで制作されています。
厳島神社御用窯として、御神鈴やかわらけも納められているとか。

そうした由来から、宮島観光の記念にというだけではなく、
縁起物として記念品や贈答品に大変喜ばれる焼き物です。

そんな宮島御砂焼の定番と言えばこちら。
本物のもみじの葉を張って作られた「もみじ紋」シリーズです。
宮島御砂焼 もみじ紋 山根対厳堂
こちらは変わった形の杯ですが、馬上杯(ばじょうはい)と言う、
その名の通り元々は馬の上でお酒を飲むための杯なのだそう。

高台に丸い小さな穴が空いているのが分かりますでしょうか。
この穴に紐を通し腰にぶらさげていた名残なのだそうです。
腰に下げた杯の長い高台を握って馬上でお酒、そんな空想に浸りながら勇ましい気分になれそうです。
宮島御砂焼 馬上杯 山根対厳堂
無地のものも良い雰囲気です。


もみじ紋のイメージが強い御砂焼ですが、実は幅広く色々作られています。
制作途中の品々を見させていただきました。
山根対厳堂 宮島御砂焼

定番の土産物・縁起物だけに留まらず、代々新しいものに挑戦する姿勢をお持ちなのだそうです。
それこそが長い歴史を紡いでいく力になっているのでしょうね。


こちらは当店でもお取扱いしているそら豆の箸置き。
並べるとかわいいですね〜。
宮島御砂焼 山根対厳堂 箸置き そら豆

こちらはしゃもじの箸置きたち。
宮島名物しゃもじに、これまた宮島名物もみじをあしらっています。
宮島御砂焼 山根対厳堂 箸置き しゃもじ

今回お邪魔してきたのは宮島口駅からすぐの工房兼店舗なのですが、
今はこちらの店舗では制作がメインで、あまり商品は置かれていないとのこと。

じゃあどこで買えばいいの、とガッカリしないでください。

実はこのすぐ近くに新しいお店をオープン予定!なのだそうです。

ネットショップ店長としてはなんですが、実物をゆっくり手に取って
作り手さんの話を聞きながら選ぶ直営店の楽しさは格別ですよね。
新しいお店がオープンしましたらこちらでもご紹介させていただく予定ですので、どうぞお楽しみに。


★★★宮島御砂焼・山根対厳堂さんの販売はこちらからどうぞ★★★


◇山根対厳堂さんのおすすめ商品◇
***日々の暮らし いもり屋***
作家ものの陶磁器や職人の木の器から伝統工芸品まで。
日々の暮らしの道具を紹介・販売しています。
posted by いもり屋 at 18:08| Comment(0) | 製造元のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。